fc2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

28

2024

細く長くのお付き合い

アーユルヴェーダの生活法を日常に取り入れるようになってなってから10年が経ちました。10年前の自分の生活と比べ、最も変化したことは何だろう、と振り返りました。そして気付いたのは、身体を冷やす飲食物は考えて摂るようになったことでした。ここで言いたい身体を冷やす飲食物とは単純にアイスクリーム、生野菜、果物、キンキンに冷えた飲み物などです。以前の私は、体調も季節も気にせずに飲んだり食べたりしていました。寒い...

27

2024

咳から気付いた春のケア

ここ数週間の私というと、お恥ずかしながら無意識に間食で甘いお菓子を食べたり、夜ご飯に揚げ物を食べることが増えていました。また、激しく疲れているわけでもないのに二度寝、三度寝をしたり、運動もろくにしていませんでした。甘み、塩味が多い食べ物や油分の多い重性、湿性が高い揚げ物はカパを悪化させます。ただでさえ今の季節は冬の間に蓄積したカパドーシャが憎悪しやすい季節と言われています。そのような間違った生活を...

21

2024

春を感じる今日この頃

アーユルヴェーダは、自分の身体のちょっとした変化や季節の変化を感じて、身近にあるものを工夫して、今の生活を少し変える事で、心身のバランスを整えて、「健康な人もより健康になる」ことへと導いてくれます。急に暖かくなったなぁと思ったら、また急に寒くなったりして、三寒四温を繰り返しながらも、春を感じている今日この頃。よく眠ったのに昼間も眠たい…なんだか怠いような、かったるいような…。アーユルヴェーダでは、冬...

19

2024

早起きのすすめ

アーユルヴェーダの生活法では、起床時間も重要なものの一つです。生活をより豊かに快適に過ごすために、病気や高齢、乳幼児などの体力が弱い場合を除き、健康な人は日の出前の起床が勧められています。通常私は、家族より1時間ほど早い5時~5時半頃に起床します。2月の日の出は大体6時半頃ですので、今の時期、私の起きる時間は外はまだ真っ暗です。夏は日の出が早いので、なかなか日の出前の起床となるとハードルが高くなり...

16

2024

本当に助かりました

先日スタッフが持ってきてくれた文旦を休憩時にいただきました。グレープフルーツのような感じですが、酸味が少な目で食べやすいです。写真のように実を包んでいる中の袋や白い綿を取って食べるのが普通なのでしょうが、綿の苦味がおいしくて調子に乗ってそのまま食べてしまいました。よく噛んだつもりでしたが、しばらくするとみぞおちあたりに何か詰まっているような、胃がストップしているような感じでどうにも苦しくてたまりま...

13

2024

筋肉、ついたはいいが・・・

仕事で夕方になるとバテ気味になってしまう私は、体力増進のためにしっかりとした身体を作りたいと思いはじめ、秋頃から初めてのジム通いをしていました。3日坊主で終わると恥ずかしいのでスタッフには内緒でこっそり通っていました。心配とは裏腹に、いつも鼓舞してくれるコーチ達や、同じ時間帯に通ってくるメンバーさんが励みになって継続することができています。そして最近になって、細々とした努力が実を結びつつあります。...

07

2024

健康と安全に直結

元旦に発生した能登半島地震の際、母が経験した出来事から改めて考え直したことがありました。母は新潟県の日本海側に住んでいます。今回の能登半島地震では震度5強が観測された地域です。地震の揺れが激しく、津波の恐れがあったため、母は急いで高台へ避難したそうです。母は普段から緊急時に備え、持ち出し用のバッグを2〜3個用意している用意周到な人でした。しかし、実際に避難する際にはバッグを持っていくことなく、ただ上...

05

2024

古典の知識を体感する

疲れて帰ってきても、必ず、体のどこかにオイルを塗るようにしています。本当は全身にオイルを塗りたいところですが、クタクタで帰宅すると、これは無理だという日もあるわけです。そんな時は、古典にも書かれている三点(頭、耳、足)のうちのどこかには必ず塗るようにしています。その中でも、シロアビヤンガ(頭)をすることが多いです。なぜかというと、肩こり、首こり、頭痛などの硬直や痛みが改善されるからです。オイルをた...