FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

肩こりの対策に

今年の冬は本当に寒いです。
気象情報によると、1月に入ってからの平均気温が各地で軒並み例年を下回っているそうです。
東京は−3℃程でした。
この3℃違いが体に沁みます。
ハタイへ来られる患者さんも体が冷えていたり、
定期的に来られている患者さんでも「こんなに体硬かったっけ?」と思う方もいらっしゃったり、
寒さが一段と際立つこの頃です。

私自身も、この寒さで体のこわばりや硬直を感じることが多くなりました。
特に慢性の肩こりが、ギューッとつまったような痛みでちょこちょこ主張してきます。
どーにかしたいこの肩こり。
アーユルヴェーダでは、冷えは硬直や痛みの原因といいます。
冷えが原因であればその対処法は、逆の温めること!
そして硬直や痛みには、オイルもとても有効です。
本当は私もアビヤンガ受けたいところですが、とりあえずは自分でできることを!
肩、首、頭、腕など、気になる部分にオイルを塗って最近はゆっくり湯船につかり、その後軽くストレッチします。
今まではこれでかなりスッキリ!でしたが、最近は寒さが厳しい為か、スッキリした状態もなんとなく持続せず、
またすぐ肩甲骨や首回りが……
であればもう1歩、積極的に体を温めたい!
と思うとやっぱり代謝を上げる運動を。
この冬の習慣にと思っていた朝のジョギングも、1月に入ってからこの寒さと日の出の遅さを理由に、サボりがちな日が続いています。再開するにも、寒すぎて重い腰が上がりません。
そこで出かけた際に2、3駅なら歩くようにしてみました。それもちょっと早足で。
普段のんびり歩きの私ですが、この時は背筋を伸ばしてワシワシ歩きます。
Googleマップで1時間15分と表示されるところを1時間ちょっとで歩ききるくらいのペースです。
歩いてみるとこの位の距離とペースは私にはピッタリのようで、体もポカポカ温まりうっすら汗ばみます。
これはアーユルヴェーダで勧められる適度な運動の目安でもあります。
それになにより、その後の軽快感とスッキリ爽快感が心地良いです。

20180202.jpg
先日歩いていた道の途中でパシャリ
せっかく歩く道、楽しく歩きたいので大通りよりも路地や奇麗そうな道を選びます。

歩いた後しばらくの何日かは、体のこわばりや硬直、肩こりもさほど気にならず、いい感じです。
でも単発の運動ではその効果も一時的で、結局日常的に続けることが1番のケアになることを痛感します。
アーユルヴェーダでは、この時期の運動をよく勧めますが「本当にそうだな」と体で実感です。
でも毎日1時間の早歩きはハードルが高いので、
とりあえず仕事帰りの2駅分を早足で歩くようにしています。

-O-