FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

ホッとする味

先日、人生初の一人暮らしをスタートしました。
引越す前は、アレコレ道具を揃えたり、自由な生活を夢見てワクワク。

私の新生活プランの一つが「土鍋でごはん」です。
これから気に入ったものを吟味して買おうと思っていたのに、
父が餞別にと炊飯器を買ってきてしまい(それも6合炊きです)
断るわけにもいかず、こうゆうの使わないんだけどな~と思いながらも
しぶしぶ荷物にいれました。

引越し初日。
段ボールだらけの新居でお腹が減って荷物を物色して出てきたものは、
クミン、クローブ、カルダモン・・・
これじゃお腹は満たされなーい!と重い腰を上げて買い出しに行きました。
あらゆる食材が並ぶスーパーで私が自然と手を伸ばしたのは、
米、味噌、納豆、梅干し、海苔の佃煮、干し椎茸。
新居での最初の食事は、THE和食!
(・・・といっても料理といえるようなものではありませんが。。。)

washoku.jpg

アーユルヴェーダでは、先祖代々から慣れ親しんでいる
食べ慣れたもの(サートミヤ)が重要であると説いています。
中華やイタリアンも好きですが、家族と離れて暮らす
(隣の県ですが・・・)センチメンタルな私の心を
ホッと和ませ落ち着かせてくれたのは、
子供の頃から食べ慣れたシンプルな和食の味でした。
食べ慣れたものが、体の健康だけでなく心の健康を保つのにも
影響するということを実感しました。

それにしても父が餞別にと持たせてくれた炊飯器は、本当に
ありがたかったです。
しばらくは、この父の愛情がこもった炊飯器で炊きたてごはんを
たっぷり食べて、新生活の活力にしようと思います。

-M2-