FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

幽体離脱…未遂?

初めて体験したのはハタイクリニックでした。

シローダーラ―の話です。

アビヤンガ→フェイシャルマッサージを受けながらスチームBOXに入り発汗、という流れで施術が進み、再び施術ベッドに戻り、シーツをかけられ、目にカバーをのせてもらうと、ほどなくして生暖かいオイルが額に垂れてきました。

最初は、顔をみられているような気がして、ちょっとした気恥ずかしさを感じていたのですが、セラピストが時々ポットにオイルを注ぐ気配がし、わずかな小さな音が薄暗い部屋の中に静かに響いて.....あとは覚えていません。

施術が終わったようで、声をかけられて、気がついたら、完全に体の力が抜けていて、ベッドに張り付いた私の体は、まるで私のものではなく、ベッドの一部になってしまったような感じがしました。このまま、空を飛ぼう、と思ったら体から抜け出せそうな、そうじゃないような。
今までどれだけ体に力が入っていたんだろう、無意識に緊張しているんだなあ、と気づかされました。

ゆっくり指に意識を向けて動かしてみました。体がぴくっと反応して、ようやく私の体に戻ったような感覚でした。
起き上がって、お風呂場に案内されて、シャワーを浴びて、身支度を終えて鏡をみると、顔色がワントーン明るくなって、表情が緩んでいました。
その日の夜はいつもよりも落ち着いた気分でよく眠れました。
翌朝は体が軽く感じ、気持ちよく起床できました。そして、「あ~、昨日は気持ちよかったな...」とじわじわ~とこみあげてきた満足感に浸っていました。

ちなみに、シローダーラーに使う素材は様々で、オイルの他には、ヨーグルトを使ったタクラダーラー、牛乳を使ったクシーラダーラー、薬草の煎じ液を使ったカシャーヤダーラーがあります。患者さんの体質や体調で、その時に適した素材、適した温度も人それぞれ。受けている時に感じていることも、受けた後の感想も人それぞれの様子。
私もそうですが、同じ人でも、毎回必ず同じことを感じるわけではなくて、受けたときの体調で、感じることも違うようです。

そんなシローダーラー、リラックスした、と感じる人もいればそうでないタイプの方もいるようです。私にはあっているようで、毎回、至福だなあと思いながら受けています。

499864.jpg

-N-