fc2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

お口の中を毎日チェック

定期的に歯医者さんへ通うようにしています。
子どもの頃から虫歯が出来やすい方でしたし、産後は親知らずや歯茎が痩せてきている、
歯石など気になる点が多くなってきたからです。
先日久しぶりに歯医者さんに行ったとき、口の中を見た途端に
「だいぶお疲れのようですね、首や肩は凝ってませんか?夜は眠れてますか?」
と聞かれ、ギクリとしました。
というのもその週は疲れているのに、夜中に目覚めてしまい、なかなか寝付けず睡眠不足になっていました。
そして、常に左肩や首が凝って痛い状態でした。
歯医者さんは「右手や右半身をよく使ったり力が入っていて、それをかばうために
左に力が入って食いしばりが起きて、歯が斜めになってきたり、歯茎が腫れたりしています。」
と教えてくれました。
口の中の状態で今の体調を言い当てられた時、アーユルヴェーダの舌診断を思い出しました。

アーユルヴェーダではドクターが患者さんの舌の状態を見てドーシャの乱れやアーマの状態を診断することがあります。
朝起きてすぐの舌を見て白い苔が溜まっていたら消化力が落ちて未消化物が溜まっている証拠です。
ちなみに私は舌の奥に白い舌苔が溜まっていることが多いです。
image_6483441 (3)

ゴールデンウィークで帰省した時も、長時間の移動したり、たくさん美味しいものを食べたりで
毎朝舌苔が溜まってしまっていました。
今回は帰省する際にもタングスクレーパーを持参して、毎朝舌磨きと舌チェック。
食事の時は出来るだけよく噛んだり、お白湯を飲んだり、子供と遊ぶときは積極的に身体を動かして
運動するように意識したりしていました。
毎日ピンク色の綺麗な舌を見たいですが、状態が悪い時も前日楽しんだ分のツケだと受け入れて、
日々養生していきたいと思います。
-I-