fc2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

迷ったら「旬の野菜」を

アーユルヴェーダは、食事についての規定がたくさんあります。
そして、その人の体質や乱れているドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)によって、
食べて良いもの、避けるべき食べ物などが人によって違います。
なんというか一言では言えず、とても面倒くさいのです。
いろいろ考えていると、なんだかわからなくなってしまいます。勉強すればするほどわからなくなっていきます…。
そんな時、私は「その土地に出来た旬のものを食べる」という普通の常識的な考え方へ立ち戻るようにしています。
(「普通の常識的な考え方」といいましたが、実はアーユルヴェーダも同じようなことを説いています。)

今は夏真っ盛り、巷では色とりどりの野菜があふれています。
ナス、ピーマン、トマト、ゴーヤ、冬瓜、いんげん、オクラ、カボチャ…など新鮮な野菜の採れたてを頂く事が出来ます。
そして、なんといっても旬の採れたてのお野菜たちの美味しいこと!
image0 (2)

夏至を過ぎて、暑い夏はまだまだ続きます。私達の身体はもっとも消化力(アグニ)が弱まっている時期です。
これらのお野菜たちを、消化に負担をかけ過ぎないような食べ方でいただきます。

お味噌汁は塩分も取れるし、毎日食べられるのでおすすめです。
ご飯の時に、一緒に適量の汁物をとることは、消化を助ける事にもなるのです。
ギーやごま油、オリーブ油、などで野菜を少し炒めてから、煮て、お味噌汁にするのも、
ついでに良質の油も取れてオススメです。
夏の暑い日差しは私達の身体から水分と油分を奪いとっていますから、適度な油分を補うことも大切になってきます。
ネギ、生姜、ミョウガ、シソ、ごま、山椒などの薬味をたっぷり乗せればさらに消化力を補ってくれます。
旬のお野菜をたっぷり入れた具沢山のお味噌汁を食べてこの暑い夏を乗り切りたいものです。
ちなみに我が家では、昨日は、ナス、ピーマン、トマトをごま油で炒めてから煮たお味噌汁。
image0_20230807173803c26.jpeg

トマトが意外にもお味噌汁に合いました。だまされたと思ってお試しください。
-M4-