FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

母の花粉症が!

allergy-18656_640.jpg

先日、長年花粉症に悩まされている母のふとした一言に驚かされました。

「そういえば、今年は花粉症が今までで一番楽だわ。クシャミもそんなに出ないし、
目のかゆみも少ないから、薬も飲まなくて済んでるの。」

毎年花粉症シーズンには、目を真っ赤にして、「目玉を取り出して洗いたーい!」
と言っていた母。

花粉症が軽くなった原因は何だろう・・・と、
母にこの数か月間で変えたことを聞き出してみました。

・やめたこと
①夕食にヨーグルトを食べる
②夕食後にソファで一眠りする


・はじめたこと
①ターメリックをお湯に溶かして亜麻仁油を垂らして就寝前に飲む
②スクワット20回を就寝前に行う


これをアーユルヴェーダ的メガネをかけてみてみると・・・
detective-1424831_640.png

やめたことの2つとも、長く続けていると、体を重たくダル~くさせるカパが増加する原因となります。
さらに、体中に張り巡らされているといわれる管(スロータス)を詰まらせ、
代謝や消化力を落とす原因となる習慣です。

はじめたことの①は、もともと認知症予防に勧めたのですが、
アーユルヴェーダでは、ターメリックはアレルギー症状にも効果があるといわれています。
その効果が科学的にも認められ、ターメリックに含まれる有効成分が
現代医学の抗アレルギー薬に使われているそうです。
使い始めの目的とは違った思わぬところでも力を発揮し、良い結果をもたらしてくれるのも
アーユルヴェーダの薬草たちの素晴らしいところです。

アーユルヴェーダの古典の中では、ターメリックとギーを一緒に摂取すると良いとされていますが、
母はギーが苦手なので、家にあった亜麻仁油を使っています。
母の場合は、亜麻仁油でも効果があったようです。
IMG_3264.jpg

②のスクワットは、足腰強化に効果的だと健康番組で見てから始めたそうです。
確かに、たれ尻がほんの少し上がったような!?
結果的に、全身の筋肉を使えて運動量が多いスクワットで、体の重さが軽減し、
消化機能や代謝が上がって、アレルギー反応が起こりにくくなったようです。

花粉症シーズンを快適に過ごせるようになった母と一緒に、
満開の桜の中をお散歩しようと思います。

-M2-