fc2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

筋肉、ついたはいいが・・・

仕事で夕方になるとバテ気味になってしまう私は、体力増進のためにしっかりとした身体を作りたいと
思いはじめ、秋頃から初めてのジム通いをしていました。
3日坊主で終わると恥ずかしいのでスタッフには内緒でこっそり通っていました。
心配とは裏腹に、いつも鼓舞してくれるコーチ達や、同じ時間帯に通ってくるメンバーさんが
励みになって継続することができています。そして最近になって、細々とした努力が実を結びつつあります。
筋肉がついてきたら体力もついてきて、最後のひと踏ん張りが効くようになってきたのです。嬉しい限りです。
22955600.jpg
指導の通りにやってみて気付いたことは、私の食事は身体づくりをするにはかなりたんぱく質不足だったということです。
ジムでは現代栄養学に則り、筋肉をつけるために必要とされる1日あたりのたんぱく質の
摂取目標量を提示してくれます。
どんな食品にどの程度たんぱく質が含まれているかもわかりやすく教えてくれるので、
スーパーでの食材選びでも高たんぱく食品に良く反応するようになりました。
実は、人生で初めて、プロテインも飲んでみました。
このようにこれまでとはかなり食卓の景色が一変した日々を送っていたら、
なんとなく鼻が詰まることが増えてきました。
鼻をかむことがほとんどなかった私が、よくティッシュでふんふんとやるようになりました。

アーユルヴェーダでは鼻づまりは食べたものが十分消化されていないサインです。
そして、鼻から出るものは筋肉組織から出る老廃物です。
私がせっせと食べていた、たんぱく質を多く含む食品は消化重性ですので、消化には負担がかかります。
これらのことから、筋肉をつけるための栄養は足りたのですが、私の消化力に見合っていない、
重すぎる食事をとっていたのではないかと気づきました。
季節としても、これから本格的な春を迎える時期なので、真冬に比べて消化力は低下しています。
食べ過ぎには注意しなければいけません。
この症状を感じてからは、プロテインをやめてみたり、食事も次の食事までにお腹が空いているか
様子をみながら食べる量や内容を調整したりするようにしました。そしたら鼻づまりは良くなりました。

消化力は人それぞれ、年齢や、体質によってさまざまです。
また年中同じではなく、季節の影響を受けて変動します。そのことを体験する機会にもなりました。
アーユルヴェーダを学ぶと、消化力を気にしすぎるあまり食事内容が軽くなりすぎて、
栄養不足になってしまう方が時々ありますが、実は以前の私もその一人でした。
よくよくスタッフから指摘を受けて食事内容を改めてきたつもりでしたが、
今回はその逆の食べ過ぎも経験してやっと自分で自分のアグニ(消化力)に対する食事の適正量が
みえてきた気がしています。
-N-