アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

植えた生姜が入れ替わってました!!

先週、ハタイクリニックの裏にある庭に、生姜を植えました。
買ったことを忘れて部屋に置きざりにしていた生姜が、ビニールの中で芽を出していたんです。
すごい生命力をみて、食べるよりも育てたい!
とハタイファーム計画(ハタイファーム)にのって、収穫できる事を楽しみに植えました。

20180410-1.jpg
芽が出ていた生姜たち

生姜の栽培についてネットで調べたところ、
・強い光は苦手で適度な日陰ができる場所
・多湿は嫌うが乾燥も苦手
とあったので、日陰になる木の下に、ブラフミーなど水をよくやる植物の側を選びました。
30cmほど間隔をあけて2つ。
生姜を育てるのは初めてです。どんな風に育つか楽しみです。

翌日、庭を通りすぎる時にチラリと植えた生姜の方へ目をやると、、
うんん??
植えた1箇所の辺りの土が荒れている…
よくよく見ると、植えたはずの生姜もコロンと土から掘り起こされて転がっています。
生姜を食べる動物なんて、いるのかな?
齧られてもいないし…
不思議に思いましたが、同じ場所にまた生姜を植え直しました。

また翌日、今度は朝1に生姜をチェック!
すると、また昨日と同じ辺りの土が荒れています。が、今度は生姜は見当たりません。
どこに転がっているのかと、棒で土を掻き分けていると、
突然"プニプニ"っとした弾力が土から返ってきます。
!!!
もう1度触ってみても同じような弾力に、土も"ふるふる"と揺れています。
!!!!
少し怖気づきました。
モグラ?カエル??
頭の中によぎる生き物はあっても、何かがわかりません。
土とその何かとの区別がつかず、「何かいる!」とスタッフを呼びに行きました。
そして一緒に確認。
「これ、カエルだよ。ほらコレ目だよ」とスタッフ。
木の棒でカエルを優しく撫でていました。
私には、なかなかそれが分かりませんでしたが、
気持ちよく過ごしていたカエルを、私はずいぶん荒々しく扱ってしまったなと、申し訳なくなりました。

しかし、まさか生姜を植えた場所が、カエルの住処に入れ替わるとは思いもよらず。
カエルと入れ替わった生姜が、どこへいったか探すのはやめました。
運が良ければ、その生姜も芽を出して育ってくれるはずです。

ハタイクリニックの庭には、大きな梅の木があり、そこに小鳥がやってきてたり、
雨の日には大きなカエルが鳴いていたりします。
そのカエルだったんでしょうか?なぜ今頃土に?
生き物について知識もないですが、庭に生き物がいることは、
たまに困ったり、戸惑ったりすることもありますが、いいなぁと嬉しくなります。

そして昨日、同じ場所を見たら、邪魔されて危機感を抱いたのか、カエルが立ち去った跡の穴がありました。
カエルにごめん。と心の中で呟きました。

20180410-2.jpg
生姜の植えた場所です。
手前のブラフミーと木の間に1つと、奥の大きなフキの葉手前辺りに2つ。
フキの手前の生姜が、カエルと入れ替わっていたところです。

-O-