FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

トリファラギー

ネトラ

アーユルヴェーダの施術にネートラタルパナという眼に行うものがある。
眼のところにちょうどゴーグルのように練った小麦粉で土手をつけて、
その中にハタイクリニックではトリファラギーというオイルを溜めて眼を浸す。
そしてその効能は、疲れ目やドライアイ、その他眼の健康に良く、眼の老化を遅らせることができるという。

しかしこの施術、とても痛い、眼に滲みて涙がたくさん出る。
施術の後しばらくは眼がしょぼしょぼする。

以前インドでこの施術を数日間続けて受けたとき、とっても痛くて辛かったのを覚えている。
それ以来、私は苦手になってしまった。

しかし先日、ここ最近の目の疲れと目の熱さに耐え切れずとうとう勇気を出して!
で、でも、やっぱりネートラタルパナはハードルが高いので・・・・・・・・
とりあえず自分でトリファラギーの2滴の点眼だけやってみた。

恐る恐る眼にぽちぽちっと垂らす。
わぁー(>_<)いったぁーい、言ったぁーい!わぁー(>_<)!
と思いながらも、せっかくだから100%の効果を出そうと、瞬きをパチパチして眼の奥までオイルが入って行くように、さらに眼球を左右に動かす。
少し眼がヒリヒリして、涙が出ている。
そのあともまだ目の前が霞んでいるのだけれど。
あれっ?あれぇ?なんだか目が涼しいく感じるぞ。
なんか眼が気持ちいいかもしれない。
おまけにあんまり痛くなーい。
そして気づいた、トリファラギーの効能。
材料のトリファラとギーには冷やす作用があること。
そして二つとも眼にとても良い作用があるということ。
何よりも一番は、あんまり痛くないということ。

その日以来、ネートラタルパナを初めて受ける患者さんへの私の説明が変わったことは言うまでもない。

-Ⅿ1-