アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

ハタイファームその②イチゴ編

今日から五月。
新緑の季節真っ只中。

街路樹や公園の木々も生命力がみなぎり、つつじやハナミズキの花がとても美しいです。
家々の庭木にも、アスファルトを突き破ってたくましく生えている雑草にも、
沢山のかわいい花が咲き、街中色とりどり。
よそ見ばかりしながら歩いています。

ハタイファームも生命力がみなぎってきました。
先月植えたヒマ、むかご、キクイモ、じゃがいも、モロヘイヤが芽吹き、すくすく育っています。

とても自由で雑多なファームの中で一番の存在感を放つ苺は、
とうとう真っ赤な実をつけてくれました!

KIMG0753-800x450.jpg

実がなったということは、この目黒の地にも、受粉をしてくれる蜂などの昆虫が存在しているということ。
ありがたや。

今も、次々と白い花を咲かせてくれています。今後の収穫が楽しみです。

初なり苺、顔を近づけて匂いを嗅ぐと、甘い香りがほんのり漂いました。
ちょっと一粒、味見をしてみました。
小粒ですが、食べてみると…あま~い!程よい酸味も口に広がりました。
明日、収穫して、お昼のテーブルに出そうと思います。

そして今日は、我が家のベランダで種から育てた枝豆の苗も仲間入り。

さてさて、これからが本番です。
屋上ですので、これからの季節、降り注ぐ太陽の光が強くなってきます。
この環境で生き抜けそうな植物達を選出しておりますが、ちょっと心配。
相性よく成長してくれますように。

それではまた報告します!

-N-