アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

セルフでヴィレーチャナ!!

ここ最近、手の甲の1部が無性に痒くなることが2晩ほど続いていました。
3日目の昼、また手の甲にムズムズするものを感じ、見てみると、
ポツポツと赤い皮疹が広がっていました。
マズイ!!!
2年前に、手の甲から腕へかけて皮疹が出たことがあります。
あの時初めてのことで戸惑う私は、周りのスタッフや先生のサポートを沢山受け、約1年程かけて治りました。
あの状態を繰り返すのはもうごめんです!
ちょうど祝日と合わせて翌日から2連休の私は、
急遽午後の半休をとり、ハタイで2日連続のアビヤンガを受けました。
その後下剤をかける為にです。

初日アビヤンガを受けてみると、驚くほど体中あちこち痛くて
「毎日オイルぬってるのに??」と思ってみても身体はカチカチでした。
この日は、とにかく体が軽く全身巡りがよくなった感じで楽になり、夜もグッスリ眠ることが出来ました。

2日目のアビヤンガの後は、さらに体が緩んで柔らかさを感じます。
体がとても柔軟で素直になり、この後の下剤にも素直に反応してくれそう。そんな感じがしました。
この日の夜もたっぷり寝て、翌朝小峰先生より指示いただいた下剤を飲み、
あとは1日家で下痢が始まるのを待つだけ。
朝に飲んだ下剤は昼前から効き始め、夜8時半ころまで続き、この日はトイレに14回程駆け込みました。
途中から排泄で出るものは、飲んでいるレーズンジュースのみのような状態ですが、
排泄時、お尻に熱さを感じ「ピッタが出ているな」という実感がありました。
下痢が治まってきた頃には、皮疹もだいぶ落ち着いて、赤みも痒みも治りプチプチも消えました。
でも、油断は禁物!!と自分に言い聞かせ、この後の過ごし方にも気をつけます。

今回なぜこの皮疹が出たのか?
パッと思いつく様な原因はありません。
それでも振り返ってみると、やっぱりちょっとずつの積み重ねがあった様に思います。
2年前以降、皮疹も落ちついていたので完全に油断していました。
今回は皮疹が出始めた段階で対応することが出来ましたが、
私の体質など考えても、秋に下剤法をかけておけばよかった。
と反省を兼ねて振り返る時間にもなりました。

-0-