FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

山羊乳

先日、自然食品店で山羊乳が売っていました。
私はまだ飲んだことが無かったので、さっそく買って飲んでみました。
感想は、クセが無くコクがありとても美味しかったです。
20190516_193728-1512x2016.jpg
20190516_193705-1512x2016.jpg
これまでアーユルヴェーダの診察で、先生が患者さんに山羊乳を勧めているのを聞いたことがあります。
それで”山羊乳が身体に良いらしい”とだけは思っていましたが、具体的にどんな効果があるのかは知りませんでした・・・。

山羊乳はアーユルヴェーダの薬などにも使われています。
クンクマディタイラやアヌタイラ、マッサージ用の薬用オイルにも入っているものがあります。

「山羊乳は消化に良く、乾性が強い人や呼吸器系の問題のある人、母乳を与えてる人、熱病の人に良い」
とアーユルヴェーダの古典「チャラカサンヒター」の中にも書かれています。

山羊は水をあまり飲まず、運動量が多く、辛味と苦味と温性の草をよく食べるそうです。
その山羊から出る乳の性質は、 軽性・甘味・渋味です。
その効能はラクタピッタ(出血性疾患)、下痢、憔悴にあるといいます。

アーユルヴェーダでは健康人に牛乳を非常に滋養があるとすすめています。
そして、山羊乳はもっと滋養が必要な人や病気の治療にとても効果があるようです。

ただ、この山羊乳は牛乳に比べると少し価格が高いのです。
その理由は、一頭の牛から1日に20リットル以上の乳が絞れるのに対して、山羊からは1日に約1リットルの乳しか絞れないからだそうです。
なるほど。
ますます貴重な気がしてきました。

ーMー