FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

暑さ対策の重要性

先週は5月とは思えない暑い日が続き、ニュースからは「観測地の半数以上で30度越えを記録」と流れていました。

そんな週末に、友人と友人宅の庭の花の植え付けをしました。
日差しは強く暑かったですが、風が吹き抜け、湿度もそれ程高くなく、夏を思えば楽な日に思えました。
帽子を被り、首に手ぬぐいをかけ、木陰で友人お手製のポカリスエットで水分休憩をしながらの作業。
作業を終えると、プール後の疲れに似た心地良さと怠さが混ざった感覚がまとわりついていました。

自宅に帰り、早々に寝ようとしたのですが、、、暑くて眠れない。
普段ならこの時期、窓を開けておけば心地よい風が入ってきますが、この日に限って風がありませんでした。
今振り返ると、この時クーラーをかけるか、はたまた、ココナッツウォーターやコリアンダー水など体の熱を取ってくれるモノを飲んで対策をとれば良かったです。
クーラーはまだ早いと我慢をし、眠気が勝り、なんの対策もしなかったのが良くなかったと。。。

朝起きて、いつも通りの出勤準備。
怠さが目立つ朝でしたが、寝不足によるものだろうと思いました。
動いている内に怠さも抜けると思っていましたが、だんだんと際立ってきて、目に違和感が集まってきました。
光や刺激で目を開けているのがしんどくなりました。
頭に熱がこもり、ぼーっとします。
結局、この日は早退させてもらい、家に帰りました。

辛いのは、頭部の熱感と目です。
コリアンダー水を沢山作って飲みました。それでも口は乾き、ネバついて、舌は白くなっていました。
頭にはヘッド用の冷性のオイルを塗ってマッサージを行い、保冷剤を頭頂につけてみました。
頭を冷やすと全身が楽になり、ようやく眠りにつけました。
その後も頭部に熱が上がってきやすいので、コリアンダー水を飲み、軽い下剤を飲んで熱を下げるようにし、頭は冷やして、目にはギーのピチュをしました。

軽い熱中症だったのかもしれません。
なんとなくの違和感を感じている時点で対策を取っていれば良かったのでしょうが、回復に丸2日かかりました。

今回のことで、暑さ対策の重要性が身に染みました。
頭を守るための帽子や日傘は必須です。
体にこもった熱は、その日の内に出す対策をすることも大切だと思いました。
また必要な時にはクーラーを使うことも。

暑さの本番はこれからです。
暑さ対策をしっかり行って、夏を楽しく過ごせるようにしたいと思います。
日射


-O-