アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

やっぱりショウガ

今日はつい最近患者さんから聞いて「やっぱり!」と嬉しくなったお話を紹介したいと思います。

長年定期的に来て下さる患者さんとは顔なじみになりますので、施術中もおしゃべりがはずむことがあります。
先日来て下さった方は、私がハタイクリニックに入った頃からずっと毎月1回のペースで受けに来られている方です。
ほぼ毎回のように施術に入らせていただいていて、ここのところずっと内心感じていたことがあります。
それは「以前に比べて冷えが減りましたよね?」ということです。

その方は夏でも手や足先が冷たくて、冬になればなおのこと、氷のように冷たい
足先だったと記憶していたのですが、最近はそれがなくなったように感じたのです。
それで思い切ってそのことについて聞いてみると、ご本人も確かに前ほどは冷えなくなったとおっしゃいます。
そう言われてつい「何かされたのですか?」ときいてしまったのですが、
答えは「ショウガをたくさん食べるようになったことかしら。」
それを聞いた瞬間「やっぱり!」と心の中でにんまり。
アーユルヴェーダでもショウガは身体を温め、消化力を上げてくれる優れたスパイスと言われています。
私たちも患者さんに「薄くスライスしたショウガに岩塩とレモン汁を少しつけて食前に食べるといいですよ」
とお勧めすることがよくあります。
でもこの方にその話をしたことあったかな・・・?と思いながら
「どんなふうに召し上がっているのですか?」とお聞きすると、
「ショウガのみじん切りにお酢とハチミツを混ぜて、それをなんにでもトッピングして食べるの。
サラダなんかも、和風のドレッシングをかけて、さらにこのみじん切りをのせて食べるとおいしいのよ」
と教えてくださいました。聞いていて確かにおいしそう・・・やってみよ~!と思いました。
普段はあまり会話に参加してこない無口系の相棒セラピストも珍しく、「おいしそう。やってみます」と会話に参加。
そして私も彼女も早速家で試してみました。

20171207ginger.jpg

我が家には市販のシーザーズドレッシングしかなかったので、
それをかけた上にショウガのみじん切りをこっぽりのせて。。。
ハチミツが入っているので甘味があるから合わないかな?と思いきや、
これがなかなかイケる。味に複雑なおいしさが出ます。
妙においしくて食べやすくて、寒くなってからは全然食べていなかった生野菜のサラダを大皿でぺろり。
普段なら夕食にこれだけの量のサラダ(生野菜)を食べると、翌日は口の中が苦くなってしまうのですが、
この時は口も舌もすっきり、お腹も軽く、朝から「お腹すいた!」と思うほどでした。
やっぱりショウガ!恐るべしショウガ。そして・・・ありがとう、ショウガ!

最後にもう一つおまけ。
この患者さんは皮膚に湿疹が出やすい方なのですが、この会話の中で
「私、辛いのはダメなんだけど、ショウガだけは大丈夫なの」と
ぽろりと洩らされた一言に、私はまたもや勝手ににんまりしてしまいました。
というのは、ショウガは辛味の中でも「例外の辛味」、ピッタの人でも摂ってよい辛味といわれています。
『湿疹出やすい=ピッタ=辛いのダメ、だけどショウガは大丈夫』
まさにアーユルヴェーダの知恵の実証だ、身体の知恵が美しく働いている!と嬉しくなってしまいました。

こんな風に何気ない患者さんとの会話からは、教えていただくこと、
アーユルヴェーダの教えが実証されている!とにんまり嬉しくなることがよくあります。
ありがとうございます💛

-A-