FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

耳当て

 冬本番。寒い日が続きます。街でもマフラーをしている人、マスクをしている人、手袋をしている人など防寒対策、風邪対策に勤しむ人を多く見かけます。冬の光景です。
 自転車によく乗る私は、マフラーやマスクなどより、1番欠かせない防寒アイテムがあります。「耳当て」です。
耳当てjpg
自転車に乗ると、歩くときもよりいっそう強く冷たい風に当たるので、耳はキンキンに冷えきってしまいます。以前にもブログで「耳にオイルコットン」「耳のオイルケアをしてみました」という記事を書いていますが、アーユルヴェーダでは耳を温めることをお勧めしています。おもにヴァータの影響を受けやすいという理由からです。耳が冷えてしまうとヴァータが悪化して、疲れやすくなったり不安になったりしてしまいます。特に、冬の時期は、ヴァータが乱れやすいので注意です。私がこの耳当てをする習慣がついたのも、実際に耳当てをするとしないとでは、まったく寒さによる疲れ方や集中力の低下が違うのはもちろんの理由なのですが、インド人が寒い日に耳に綿を詰めているのを見たからです。その姿を見て、やっぱり耳を冷やさないことはとても大切なんだ、と思ったからです。
 耳マッサージをして耳オイルコットン、それから耳当てをして出かければ、冬のヴァータの乱れ対策もばっちりです。
私は毎年耳当てをなくしてしまうので、今年は急遽100円ショップで購入してそのまま使っていますが、最近ではいろいろな種類の耳当てがあるので、これからお気に入りの一個を見つけたいと思います。

ちなみに、今日は他のセラピストスタッフも耳当てをしながら出勤していましたー。
-K-