FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

トリファラで目を洗浄

先日、朝起きて鏡をみると、右目の瞼がぷっくり腫れて、まるで番長皿屋敷のお岩さんのようになってしまいました。(いちまーい、にまーい…あ~寒い、寒い)きっと前日に装着していたコンタクトレンズが汚れていたに違いない。救急箱を探しましたが、抗菌剤の入った目薬もみあたらず、粉末のトリファラがあったので、トリファラの煎じ液で洗うことにしました。トリファラは目の洗浄にも使えます。アイボンの洗浄用カップもありましたので、これにトリファラの煎じ液を入れて、アイボン的に洗うことにしました。
ちなみに、アーユルヴェーダでは、セーカといって、トリファラの煎じ液で96秒間目を洗い流すという治療法もあります。

煎じ液を作りました。目に使うものなので、よく濾そうとおもい、最初はコーヒーの紙フィルターを使いましたが、フィルターにトリファラの粉末が詰まって、全然落ちてこない…ので、茶漉しに医療用のガーゼを二枚重ねにして濾しました。

トリファラで目を洗浄

洗浄スタート。煎じ液の中でパチパチと瞬きしていると、だんだん刺激を感じで、なかなか目を開けられなくなってきました。ギーとは違って、水は刺激的です。油分がないのでごろつき感が強いです。

そこで一旦やめて、煎じ液を取り替えながら続けました。4~5回繰り返したら、奥からじわーっと温かい涙が溢れてくるのがわかりました。涙は鼻にも流れ込み、鼻水となり、ぐしゅぐしゅに。

涙で目が洗い流された後は大変スッキリした感じになりました。腫れぼったく感じていた目の熱感も少し取り去られました。

その日はコンタクトはやめて眼鏡で過ごしましたが夕方には瞼の腫れが落ち着きました。赤みは多少残っていましたが、なんとか通常の顔に戻りました。

コンタクト歴20年、コンタクトの扱いが悪かったりすると、時々目が腫れてしまいます。実は、今回はコンタクトの洗浄液をきらしてしまい、水洗いだけで装着したら見事に腫れました(自業自得)。たまにアイメイクもしますし、私の目はけっこうなストレスにさらされています。こうやってたまに洗浄するのはいいかもしれないと思いました。

-N-