FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

たまにはフェイシャルマッサージ

先週、謎の鼻炎が発生しました。
水のような鼻水が流れてきて止まりません。

花粉症持ちなので毎年2月から4月は鼻炎に悩まされていましたが、12月にこんなことになるのは初めてです。
原因は分かりませんが、とにかく不快。なんだか目も痒いし、顔が重いし、頭も痛いし最悪です。

そこで、鼻周辺の重たさをさっぱりさせたいと思って、普段はやらないフェイシャルマッサージをやってみました。ごま油を顔に塗って、指先でくるくると顔全体をマッサージ。

自分の顔をゆっくりと触ることがないので、新たな発見があってなかなか面白かったです。
顎先から耳の下にかけた頬は固く、鼻の横の副鼻腔の部分は若干腫れていていました。
目の回りも瞼を避けて、こめかみまでマッサージ。スマホやパソコンを見て目を酷使しているからか、結構凝っていました。

考えてみると、体と同じように顔も筋肉で出来ています。顔は約30以上の筋肉があるそうです。体は自分でマッサージやストレッチをして整えますが、顔のケアをすることはありませんでした。顔については無頓着だったなと、固くなった顔を触りながら思いました。
筋肉やツボなど難しいことを考えなくても、気持ちいいと感じるところを触るだけでも、かなり満足感がありました。
そのまま耳と頭もマッサージして終了しました。
顔、耳、頭あわせて10分くらいです。

マッサージのあとは洗面器にお湯を張って、顔にスチームを当てました。じんわり温かくて気持ちいい!終わったあとは顔色がワントーン明るくなって、スッキリ小顔になった気がします。

顔をほぐすことで緊張が解れるのか、夜は沼に沈むように眠ることが出来ました。
鼻水対策のためのフェイシャルマッサージでしたが、鼻水よりも不眠にいいかもしれません。
993611_20191220103617547.jpg

-K2-