FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

花粉症の予防

来春のスギ花粉の飛散量は多いのかなあ、少なめだとよいな、
寒さはこれからなのですが、気になります。

しばらく前からオイルを点鼻をした方がよいと思っていたところ、
10月末の第1回アーユルヴェーダ講座で、
「アレルギーにはナスヤ(鼻の浄化法)が良い」というお話もあり、
「やった方がよい」→「やります」に。

オイルは先週のブログで紹介されていた鼻用の「アヌタイラ」です。
(12/15のブログをまだ読んでいない方は是非お読みください。)

20171222.jpg

1日目:久しぶりのアヌタイラ、2滴づつを両鼻に点鼻しました。
     鼻の奥が痛い。喉に苦いものが降りててくる。
     苦いものを飲み込まないように吐き出していると、
    左の鼻から大量に鼻水が。鼻をかみたい、でもまだ10分しかたっていません。
     鼻水をティッシュで押さえながら40分。
     鼻をかんだら近頃にないスッキリ感でした。

2日目:右鼻に点鼻したとたん、痛ーい!苦ーい! 
     容器を強く押しすぎて、2滴以上入ってしまったようです。
     ホットタオルをつくり、蒸気を吸いながらじっと我慢でした。
左の鼻はグズグズするぐらいでした。

3&4日目:慎重に2適を点鼻。鼻の奥にツーンとした痛み、
      喉にはじんわり苦いものが。
      鼻水がグズグズするのを押さえているうちに徐々に収まり、終了。

5日目:鼻からの胃の内視鏡検査を受けたのでオイルはお休みしました。

6日目以降:鼻の奥に痛みはあるけれど、軽減しています。
       鼻水も減っている感じがします。

20171222-1



陽射しも空気も春らしくなって、外で活動したい、と思うころには
スギ花粉も大量に飛んでいます。
3月の初めに水戸の偕楽園に梅の花を見に行ったときのことです。
天気は良い♪、梅は見頃♪、梅の香りを嗅ごうとしてマスクを取りスーッ
香りとともに大量の花粉も吸い込んで、クシャミが止まらず・・
偕楽園には梅園だけではなく、『大スギ林』というエリアがありました!

来春はスギ花粉に悩まされることなく梅の香りを楽しめるよう、
アヌタイラの点鼻を続けています。

-I-