fc2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

あるところにオイルを塗ると安眠できます

先日、ある美容品店でローズオイルの試供品をもらいました。
アーユルヴェーダに携わるようになってから、オイルはとても身近な存在になりましたが、なぜか美容の類に入るオイルを使うことはなくなりました。
そういえば、昔はお手入れのときに顔にオイルを塗っていたことを思い出し、早速使ってみることに。
顔と首・肩に塗っても、まだ余るほどたくさん入っていて、使い切らないと勿体ないと思い、膝下から足裏までササっと薄く塗りました。
薔薇の香りに包まれて、うっとりしている間にそのまま寝てしまい、気付いたら朝でした!
毎日、中途覚醒してしまうのですが、一度も起きることなく朝まで熟睡できたことが嬉しくて、スタッフにこのことを話しました。「やっぱり薔薇の香りがよかったのかな~」、「薔薇って素敵ですね」などと話しながら、ハッと我に返って気付きました。オイルを足裏に塗ると眠れるのは、アーユルヴェーダでは定石どおりなのです。お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、こちらのブログでも「不眠は足裏にオイルを塗る」ことで解消されることをご紹介しています。→足裏プロジェクト
おもわず「足裏にオイルを塗ったんだから、熟睡できるのは当たり前か!」と、自分で自分に突っ込んでしまいました。
分かっているのに、オイルを塗るのをサボっているだけなのです。
そこで、毎日足裏にオイルを塗るのを忘れないために、寝る前のルーティンに自然に組み込めるよう、身支度セット(化粧水など)の中に、ごま油をプラスしました。毎晩、ササっと塗っています。例年、寒くなるとヴァータが上がって眠りにつくのが難しくなるのですが、寝る前のオイルひと塗りのおかげで、いまのところ安眠の日々を送ることができています。
無題


ーK2ー