FC2ブログ

アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

左足の浮腫みを改善したい!

スタッフが私の両足を触ったときの感想は、「右と左、全然違うね。」でした。
そうなのです。左足と右足が全然違うんです。
もちろん、100%左右対称の人はいないと思いますが、昔から感じていたことでした。
学生時代に長年テニスをやっていたからか、利き足の左足が逞しくて、今でもその名残があります。
生活に支障をきたすことはなかったので、仕方ないと思って過ごしていたのでした。

ただ、足が左右で全然違うと言われてから、色々と思うこともありました。
具体的にどう違うかというと、右足に比べて左足が冷えて浮腫んでパンパンに固くて太いのです。
疲れているときには、左足が痛くて痛くて・・・・。
十年前くらいから、特にひどくなったような気がします。
右足はというと、もちろん浮腫みますが左足の比ではありません。

この原因は何だろうと考えたのですが、いくつか思い当たります。生まれつきの骨格や骨盤の歪みから筋肉の付き方に差が出ていること。筋力に差があることで姿勢が悪くなったり、片足だけを組んでしまう日常的な癖があること。内臓の位置も歪んでいるんだろうと思います。
姿勢を正す、癖を治すことは大前提として、左足の浮腫みと冷えを改善するために思いついたことがあります。
それは、「絹ガルシャナ」です。
早速、腰から足全体に、そして右側よりも左側に倍の時間をかけてガルシャナをしてみることにしました。
朝起きたら、絹手袋を付けて、布団の中でガルシャナをしています。ポカポカと温かくなってきて、体のエンジンがかかって目が覚めてくるので、寒い朝にはもってこいかもしれません。
さて、肝心の左右差への効果はといいますと、まだ始めて一週間ですが、左足の浮腫みが取れてほっそり細くなったように思います。(前述のスタッフにも見て確かめてもらいました)また夕方に左足だけ痛くなることが少なくなったように思います。
この調子でもう少し続けてみます。
無題


―K2―