アーユルヴェーダの木の下で

ハタイクリニック アーユルヴェーダスタッフのブログ

山盛りのレーズン

  先日、私は久しぶりにすっきりした出来事がありました。
ヴァータピッタ体質の私は、この冬は便秘に悩まされ、生理前になると、特に頑固な便秘になり、2.3日でない、あるいは毎日少しずつしか出ないで、ガスばかり、お肌もブツブツ、いまひとつ気分が浮かない状況でした。
そこで、下剤としてひまし油やアビパッティチュールナを飲んだり、お店でアロエを見つけては食べてみたりと、いろいろと挑戦してみたのですが、なかなか適量が掴めず、緩くなりすぎたり、あるいはまったく効かなかったりと、四苦八苦していました。
 しかし、先日偶然に、今の私にとって最適な物を発見しました。
その日もぐうたらな私は、夜ご飯の後、いつものようにまったりテレビを見ながら、少し小腹が空いたので、キッチンで甘いものを物色。ところが何にもないなーと思っていたら、タッパーに大量のレーズンを発見!!ナッツが大好きな私は、以前半額になっていた「ナッツ&レーズン」を購入し、綺麗にナッツだけ食べ、そそられなかったレーズンは食べずに全部タッパーにとって置いたのです。「仕方ない、レーズンを食べよう!!」その夜は、テレビを見ながら片手にレーズンを一山つかみポリポリと食べました。
 翌朝、起き抜けにお腹が動き出し、トイレに行くとたくさんのお通じがでたのです。以前にアーユルヴェーダではレーズンは便秘改善によいと習ったことがありました。「おっ、これはもしかしてレーズンの効果!!」と頭に浮かび、あまりにも久しぶりの快便が嬉しかったので、これは今日も試すしかない!!と思い、その晩もレーズンを山盛りポリポリ。すると、また翌朝、同じように快便。「やはりレーズンのおかげ!」。疑い深い私は、ますます、レーズンの効果を実証してみたくなり、またその夜にレーズンをポリポリ。するとまた翌朝も同じように快便。そして、3日目でレーズンは食べきってしまった私は次の日はレーズンを食べずに寝ました。すると次の日の朝。「ん??トイレに行きたくない、、。でない、、。」
  慌てて、その日に、ナッツ&レーズンではなく、レーズンのみを買いに出かけました。
熊レーズンjpg

 小峰先生に聞いたところ、レーズンはピッタにもよく、一晩水に浸したレーズンをミキサーにかけたレーズン水を飲むと、ピッタを流し出してくれる作用があり、二日酔いにもよいとのことでした。

この後、片手に山盛りのレーズンを食べて快便になった話をスタッフにしたら、「そんなに食べると下痢になるよーっ」とつっこまれてしまいました。私にとって今回は適量でしたが、人によっては量に注意が必要。
-K-